冬にやってくるカサカサ肌対策!

ついにこの季節がやってきました。カサカサ&こな吹き時期

皮膚がカサカサになってしまう原因

空気の乾燥

冬は気温が低くなるので暖房やエアコンをガンガン使用しますよね。使用している時間が長くなるにつれて空気中の水分量も減ってしまいます。

もちろん冬は大気自体が乾燥してくるので外に長時間居ると肌の乾燥も進みます。僕みたいにウィンタースポーツをやっている人は特にですね。

紫外線によるダメージ

肌にはシミが出来たりするのを防いでくれている肌のバリア機能があります。しかし紫外線を大量に浴びてしまうと肌のバリア機能が低下してしまいます。

紫外線の量は夏と比べて冬は少ないと言われていますが、曇りの日には雪からはね返ってくる紫外線の量は増えると言われています。

間違ったスキンケアや入浴

冬は肌が乾燥するから念入りにケアしないと!となってしまい肌を強くこすりすぎてしまったり、タオルで体を強くこすってしまうと肌のバリア機能低下につながります。

肌に刺激の強すぎる洗顔料を使用したりするのもよくないみたいですね。顔の肌は敏感なので毎日使う洗顔料は優しいものにしましょう。

また、お風呂のお湯の温度が熱すぎても肌のバリア機能低下につながります。42℃以上だと肌に必要な油分が飛んでしまうのでバリア機能低下につながるみたいです。

ビタミンB不足

栄養の偏りによっても肌のバリア機能が低下していきます。ビタミンの不足が原因ですが特に大事になってくるのがビタミンBだそうです。

ビタミンBは肌のターンオーバーサイクルを正常に維持してくれる働きを持っています。大事なビタミン要素です。

ちなみに肌のターンオーバーとはある一定期間ごとに肌の組織が新しいものに生まれ変わることです。若い人ほど周期が短いみたいです。

加齢による皮膚の水分量の低下

皮脂は、肌への外部刺激を和らげたり肌の保湿成分や水分が蒸発してしまうのを防いでくれる働きがあります。

しかし個人差はありながらも加齢と共に肌の皮脂分泌量が減っていく傾向にあります。これを放置するのはあまりよくありません。

対策

間違った洗顔をしない

先ほども例をあげましたが、洗顔する際に肌をゴシゴシと強い力で洗わないようにすることです。

間違った洗顔を続けることで、肌の角層が傷ついて剥がれてしまいます。洗顔するときは泡をたっぷり使って優しく洗うようにしましょう。

また熱いお湯で線画するのではなく、洗顔する際にはぬるま湯を使うようにしましょう。

入浴後すぐに保湿クリームを塗る

入浴後は肌が乾燥しやすい状態にあります。入浴後はすぐに肌の保湿ケアをするようにしましょう。

複数の保湿ケアを使用している人は順番にきおつけましょう。先に化粧水を使用して角層を潤してから乳液やクリームなどを塗るようにしましょう。

また暖房やエアコンなどを使用していると乾燥が激しくなるので、保湿ケアをしっかり行うのと部屋の保湿もすると良いかもしれません。

食事内容を見直す

ビタミンが肌の調子に深く関わっていることを先ほど紹介したので、実際にどんな食べ物が肌に良いのかみていきましょう。

ビタミンB要素でいくとビタミンB2が牛レバーや豚肉、納豆に含まれていて、ビタミンB6がニンニクやマグロ、鳥レバーなどに多く含まれています。

逆に乾燥肌に良くない食べ物もあります。インスタント食品やファストフードやスナック菓子などは塩分過多に繋がるので食べ過ぎには注意しましょう。

自分がやっている対策

最後に自分が普段やっている対策について書いていきたいと思います。

冬はスキーをしているので乾燥肌にいつも悩まされている僕です。肌から粉が吹いているなんてことはたくさんありました。

そんな僕がやっているのはニベアの青缶を使ってます!お風呂上がりと朝のシャワーの後に肌に塗っていくだけです。

僕の気に入っているところが簡単。肌に塗るだけで良いのですぐできます。クリームなので化粧水のように”手の間から大量に落ちてしまう”なんてこともありません。

食事の方は豚汁を積極的に食べるようにしています。毎日は流石に食べることはできませんが、具材が豊富で温まる食材として重宝しています。

皆さんはどんな乾燥肌対策をしていますか?

冬シーズンに向けてしっかりお肌のケアをしていきましょう!🥳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です