スキー場で滑っていてそこから見える景色はとても大事なポイントの1つですよねw

このスキー場から見れる景色はとても美しいので今回紹介します。

僕の特に大好きな景色はスキー場から帰る際に見られる夕日です。なかなかの見応えがあり、その日が良い日だったと思える夕日です!

ニュージーランドの北島にあるスキー場Mt.Ruapehuスキー場

このスキー場の特徴

国立公園

ニュージランドのナショナルパークに指定されています。なのでスキー場に行く道中の森林がとても綺麗です。その森の中を歩けたり、マウンテンバイクのコースになっていたりもしています。

1つの山にスキー場が2つある

1つの大きな山に2つのスキー場が対照的に位置しています。1つの山で繋がっているので、スキー場間の移動も出来ます。

スキー場間を移動するのであれば、頂上まで登るのが良いと思います。whakapapaエリアからだと2時間かからずに登ることが出来ると友達が言っていました。

反対にturoaエリアからだと3時間近く掛かってしまう上に登る斜面が非常に急で登るのに体力がいるらしいです。体力に自慢のある方向けですねw

スキー場が活火山

スキー場の中に大きな岩やゴツゴツした石がたくさんあります。それらは過去にこの山が噴火してきた時に降ってきたものたちです。(岩の大きさを考えると噴火ってものすごいパワーがあるんだなと感じます)

またマグマが下の方まで流れてきて固まっていたりするところは岩の色が少し違いますね。

山の頂上は大きな湖があると言っていました。昔は泳げたそうですが、今は酸が多すぎて危険なので泳げないとなっているそうです。

景色◎

どちらのスキー場も景色は文句なしです。山の高い位置に行けば天気が良い時だと両サイドに海が見えます。このスキー場がちょうど北島の真ん中に位置しているので見える景色ですね。

観光客

観光客はどちらのスキー場も比較的多いと思います。特に土日やスクールホリデーの時期はかなり混むので、朝早くに出発した方が良いでしょう。

駐車場が満杯になってしまうと帰らなくては行けません。そうならないように朝早く出発すると良いでしょう😊

それぞれのスキー場

Turoaエリア

リフトが5個、Tバーが1個でスキー場が動いています。比較的高速リフトで、しかも6人乗れるリフトがあるなど大人数で来ても面白いかもですね。

スキー場は自然の地形をそのまま滑ることが出来るのでかなり面白いです。イメージでいうと大きなハーフパイプみたいな中を滑ることが出来るみたいなww

縦にも横にも比較的広く滑れるスキー場です。またロープが少ないので開放感も気持ちいですね。

スキー場に大きなパークアイテムやハーフパイプがあるのでフリースタイルが好きな方もバッチリ楽しめると思います。

洞窟がある

スキー場の上の方に洞窟があります。意外と中が広くて思って以上に続いていました。中は静かでシーンとしていましたが、狭いところにいると心臓がバクバクして来て多分僕は閉所恐怖症なのかな〜と疑惑が出ましたww

Whakapapaエリア

こちらのエリアにはゴンドラがあります。これがめちゃくちゃ便利です。結構風が強い日多いMt.Ruapehuスキー場にとってはかなり大きなポイントです。

縦にも広いですが、Turoaエリアより横に広い感じです。その分地形のうねりがスゴくて、フリーライドにはかなり適してます。

またスキー場の左側にとても急な斜面があります。きちんとした冬山登り装備でないと登れないくらいの場所です。

スキー場の中にコンドミニアム

Whakapapaエリアにはスキー場の中にコンドミニアムがあるのです。ここに泊まればすぐスキーに行けますねw

スキーイン、スキーアウトが出来るのはスキー好きには嬉しいです。