【バックカントリースキーの大会とは?】ニュージーランドで開催される大会を振り返る!

今回はニュージーランドで開催されたFWQの大会に出場した事を振り返って行きたいと思います。

海外での大会で感じた事を書いていきます。日本の大会とは少し違う雰囲気があったりするのでそこについても触れて行きたいと思います。

Freeride World Qualifire 3戦を振り返っていきます

第1戦 FWQ2* Remarkable

大会結果

順位は15/42人と下の方ではないが、クラッシュしてしまったので上位には入れないかった。日本からニュージーランドにやって来て2日目で大会だったので、少し雪の感覚、空中感覚に慣れていない部分もあったと感じます。

参加している人たちは世界中から来ていて大会の雰囲気はとてもよかったです。ワナカの街からテレビクルーの人たちも来ていてテレビで放送されたりしていました。

良かった点

ただ、この大会のよかった点としてはクラッシュ以外の滑りは上手くいっていたと感じます。その理由としては自分の狙っているラインを通せたことです。

雪がハードな分急斜面での滑りが大事になってくるところですが、その中で自分のイメージ通りに滑る事が出来たのは良い事だと思っています。

改善点

改善点としては完全にジャンプの部分でした。久しぶりのスキーとだけあってやはり空中感覚はシーズン中より鈍っているのは確かでした。

その中でトライした結果自分の予想していたものより回り過ぎて着地でクラッシュ。。という形になってしまいました。

ただ、トライした事で今自分がどのくらいの空中感覚を取り戻しているのか確認する事が出来たので、決して無駄なトライでは無かったと感じています。

印象に残ってるコト、ヒト

やはり1番カッコイイ滑りをしたと思うのはJemesaというクライストチャーチに住んでいる友達のランでした。

彼の滑りは完成度も高く1つ1つの技も綺麗にこなしています。そして1番大きなクリフジャンプをしたのも彼でした。

彼がゴールラインについた時僕はスタートラインにいたのですがゴール付近からの歓声がすごかったのを覚えています。

第2戦 FWQ4* Remarkable

大会結果

順位的には中間の大会結果は13/25人中です。ただこの大会は他の大会と少し違って4*のレベルで大会が開催されます。

何が変わるかというと出場するのにかなり制限がかかります。ある一定以上のポイントを保持していないと出場できない形になっています。

なのでFWQ(予選)の中では1番レベルの高い大会になってきます。出場する選手は皆多くのポイントを稼いでいる選手たちです。

僕は前日に行われた2*の大会でクラッシュしてしまいましたが、ジュニアからのポイントのおかげでこの大会に出場する事が出来ました。

良かった点

よかった点は4*の大会で自分の滑りを最後まで通せた事だと思います。やはり大会の雰囲気も前日の2*とは全然違いました。

FWQ1年目から4*の大会に出場出来た事は自分にとってかなり良い経験になってくると感じました。

同時にジャンプの部分も感覚が戻って来ているなと感じました。

改善点

この大会での改善点としてはランの豪快さ、迫力です。これらが僕の滑りには足りない部分だなと感じました。また滑りに豪快さをつけるのであればスピードが求められて来ます。

あの急で硬い斜面でスピードを出すとなるとしっかりとスキーに乗れていないとコントロールする事は難しいでしょう。

この大会での出来事

オリンピック選手がこの大会に出場していたりと大会は非常にレベルが高くて興奮しました。また大会の後に皆で一緒に滑るのもかなり面白かったですw

第3戦 FWQ2* Mt.Olympus

大会結果

この大会では2/40人で2位を獲得する事が出来ました!この大会はとても良い雰囲気の山と人が作り出す良いバイブスの大会でした。

この大会で2位を獲得できた事はとても嬉しく自信に繋がりました。

良かった点

この大会でのよかった点はジャンプの部分です。他の人よりもフリップした回数が多かったように感じます。また自分のラインもしっかりと通す事が出来たのがよかったです。

ジャンプは大きく3回ほどヒットしましたがそのうちの2回はフリップを入れました。自分の得意なジャンプの部分を活かせて良い滑りができました。

改善点

ここでの改善点は着地でした。2個目のジャンプの着地でバックシートと呼ばれる体が後ろに倒れてしまう後傾着地のことです。

この着地をしてしまったので少しポイントが減点されてしまいました。大会が終わった後にジャッジ陣に聞きに行った時にそのように言っていたので納得できました。

なぜ後傾着地になったかと言うとテイクオフの前の体の体勢が万全の状態ではありませんでした。これは滑りの部分を強化する必要があると思いました。

1番盛りあがった大会

この大会に集まっている人たちは山が大好きな人たちがいっぱいでとても雰囲気の良い山でした。

詳しくは↓

この山の事について知りたい場合は↓

第4戦 FWQ2* Turoa

大会中止

まさかの天候が悪すぎて大会中止になりました。日本で言う台風がずっと1週間続いているようなイメージです。

普段から FWQは3~4日の日にちを設けて悪天候に備えています。しかし今回の場合悪天候がその間に回復する事が無くずっと悪いままでした。

ほんと勘弁。。。。来年は絶対!

ジュニアの大会のお手伝い

僕たちの大会の数日前に行われたジュニアの大会は快晴でした。僕はその大会のスタッフを手伝う事にしました。

普段は大会に出場する側ですが、大会を運営する側をやってみて今まで知らなかった事やどういった過程で物事が進んでいくのかが分かりました。

詳しくは↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です